top of page
  • 執筆者の写真埜納タオ

漫画掲載のお知らせ


『保健師がきた』第2話“メタボリック・ラプソディ”がJOUR4月号に掲載中です。

甥っ子にメロメロな中年男性、酒屋の万田さんが登場します。

健康診断の数値が気になるお年頃…でしょうか。

私の実家も酒屋で、子どもの頃は父の配達についていくのが楽しみでした。

小料理屋、飲み屋、お得意先を転々と。

いつも西日が眩しい時間帯で、その時のオレンジ色ぽい町並みは、優しい記憶として刻まれています。

漫画のような会話はありませんでしたが、ご機嫌な時間でした。

***


京都方面からの帰り道「そうだ、太陽の塔を見て帰ろう」と久しぶりに万博公園へ立ち寄りました。

時々、仰ぎ見たくなるのです。

1970年の万博では、みんなどんな未来を想像して、見上げたのだろう?


『すべてが繋がる時が来る 体温 血流 鼓動』

好きな曲の歌詞が頭でリピートしていました。





最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page