• タオ

審査委員会推薦作品に

「夜明けの図書館」が

第23回文化庁メデ ィア芸術祭マンガ部門の

審査委員会推薦作品に選出されました。


講談社時代にお世話になった編集さんに報告すると

「長く続けてきたからこそ。おめでとう!」と返事をいただきました。


漫画というのは長く描いてると「勝手にキャラが動く」

という現象が起きるそうですが

私はこれまで全く……

動いてくれたことはありません。

命の吹き込み方が足らないのか、

はたまた、脳の働きが鈍いのか。


ただひとつ、数年前から

“漫画を描きながら自分を癒している側面がある”

ということに気づきました。

大きな気づきでした。

うまくいえないのですが、ここまで続けてきて

初めてたどり着けた境地のような気がします。
















今、描いている赤ちゃん。

オキシトシンがダダ漏れています。

最新記事

すべて表示